当館6つの特徴 会館概要 会館生の通学校

在館生の声

学生在館生の声

西野さん

初めての一人暮らしでも安心

私がこの北海道女子学生会館にお世話になってから約二年が経ちました。
初めて親元から離れて生活をすることになった私は、設備がしっかりしているこの北海道女子学生会館で生活しようと決めました。始めは、一人で生活していけるかすごく不安でしたが、事務所の方々や館長さんに優しい言葉をかけていただいたおかげで、少しずつ不安が消えていきました。それに健康野菜の食事も大好きです。
また、会館の周りに植えてあるダリアなどの花は私にとって励ましになりました。学校に行く途中に花壇があるので、成長を見ながら登校できました。
この北海道女子学生会館は、家のように過すことができる所です。もし、一人暮らしが不安な方はここがおすすめです。

木村さん

病気をしても安心な会館生活

私が以前、体調を崩しA型インフルエンザにかかってしまったときの話です。
下がらない高熱に止まない咳と鼻水。最悪なコンディションの中、それでも快適に毎日を過ごせたのはここ北海道女子学生会館のおかげです。体調不良を事務の方に訴えれば素早い対応で薬やおかゆの準備をして下さり、館長さんは嫌な顔一つせずに病院まで連れて行って下さいました。感謝しています。
この場所で親しくなれた友人達も心優しい言葉とともに心配し気遣ってくれたのも嬉しい記憶として残っています。
地元から離れて一人暮らし、不安が尽きる事はありません。しかし、北海道女子学生会館ならたとえ体を壊してしまっても、ほっと安心できる生活を送る事が可能です。迅速な会館の皆さんの動きと、心置きなく付き合える友人達、北海道女子学生会館は日だまりのような暖かな場所です。

上田さん

たくさんの友人と思い出

私は、武蔵短大への入学と同時にこの北海道女子学生会館での生活を始めました。一人暮らしとも初めは迷いましたが、今はこの学生会館を選んで本当に良かったと思っています。 その理由は、学校まで徒歩10分という利便性、量も栄養も豊富なご飯、便利な会館バスなどたくさんあります。 ですが、ここにして良かったと思うのは、何よりたくさんの友人ができたことです。夜中に突然お菓子パーティを開催したり、お風呂で何時間も語り合ったりなど、まるで修学旅行のような毎日です。なので、ここは修学旅行が好きな方には本当におススメします。(笑) また、毎年ここには海外から留学生が来ます。彼女たちと気軽に交流できるのも、ここの魅力の一つです。私も一昨年にイギリスからきた留学生の子達とは、一緒にカラオケに行ったりと楽しく過ごしました。 ここでの2年間は、学生会館ならではの楽しさでいっぱいの2年間でした。

退館したOG
早坂さん

年賀状の文

昨年夏に泊まりに来たのですがここはやっぱり良いですね。
私たちの第2の故郷です。ホッとできて学生に戻った気がして、心が若々しくなります。野菜も美味しいですし、ダリヤも植物たちも素敵でまた学生に戻りたいなと思ってしまいます。

社会人在館生の声

佐藤さん

社会人のための会館?!

08年春に、専門学校に通うために北海道女子学生会館へ入館しました。入館してから今年で3年が過ぎ、4月からは4年目です。専門学校を卒業してからも、3年目の今年度からは同じく専門学校へ通う妹と一緒に在館しています。
プライベートな空間が確保できるので、学生時は課題に集中できました。食事も朝と晩で休みの日にも提供されますし、食事の時間も決まっているので規則正しい生活を過せています。朝の生野菜バイキングも健康に良いです。月に一度のバイキングや、もちつき大会やクリスマス会といった季節ごとの行事が豊富なのも、この会館の魅力だと思います。
それまで一人だったのですが、一人での生活にも、妹と2人での生活にも早くに慣れることができました。高校生から社会人まで、年齢層の幅が比較的広いので、学外、社外での交友関係を持てることが嬉しいです。新しい友人作りにも楽しく、事務や食堂の方々も親切なので、とても過しやすいです。

曽我部さん

もう出られません!

寮の方々が「ずっとここにいていいよ!」と声を掛けてくれたこと、土日祝に関係なく食事がついてくることが社会人になってもこの寮を選んだ理由です。

学生の時とは違い、社会人は職場での責任が出てくるため、帰宅後の疲れの出方が全然違います。そんな中、毎朝の野菜バイキング・月一度の豪華バイキングはとても活力になっているし、なにより食堂に行けば温かな食事が出てくること、帰宅が遅くなっても食事を取っておいてくれることをとても有り難く思っています。
また、外に出ると草花などの自然もあり、疲れた身体を癒してくれるので快適に過ごせています。